【接骨院と整体院の違いって?】

よく患者さんから質問をいただくことに、

「接骨院(整骨院)と整体院の違いは何?」

といったものがあります。

今日はその質問に簡単にお答えします(^^)

大きな違いといえば、「健康保険」が

使えるか否か、です。

  接骨院 → 使える(※急性のものに限る)

  整体院 → 使えない(完全自費)

保険が使える接骨院は、費用面でメリットが

あるように思われますよね。

ただし!

接骨院で保険が使える症状は以下のみです。

・骨折

・脱臼

・捻挫

・打撲

・挫傷(肉離れなど)

これ以外は保険適用外(自費)になります。

(慢性症状に対し、保険外(自費)の施術を行っている接骨院も最近は増えています)

そのため、そもそもの適用症状は、

  突発的な怪我などによるもの  → 接骨院

  肩こりや腰痛など慢性症状   → 整体院

といった感じに分けられます。

中には、本来は健康保険が適用できないような

ケースでも保険による施術をしてしまっている

場合があります。

その場合、「全額自己負担」となり、各保険団体に

後から請求されることもあるので注意が必要です!

国の医療費は現在43兆円ほど。

かなり財政を圧迫していますので、不正な保険請求に対しては監視の目が厳しくなっているわけです。。

また、接骨院は柔道整復師という

国家資格保持者が運営をしていますが、

整体院は”誰でも”運営ができます。

ちなみに浅井は「理学療法士」という国家資格を

持っていますが、日本では理学療法士は開業権が

ないため、「整体師」という形で「整体院」を

運営しています。

ただ、国家資格があるから良い、

ないから悪い、といったものでもありません。

施術者と患者さんの相性もありますし、

良いか悪いか、判断するのは全て実際に

施術を受けた患者さんです。

まちの整体院ラプレでは、

・骨格など姿勢や動作のクセ(物理的な原因)

・睡眠や食生活、ストレスなど(生理学的な原因)

複数の視点から原因に対しアプローチします(^^)

現在、このご時世ということもあり、オープン記念キャンペーンによる特別価格を

延長しています(^^)

お身体の不調でお困りの際は、

お気軽にご相談くださいね♪

名古屋市熱田区六番町

まちの整体院ラプレ 浅井達哉

#腰痛 #ぎっくり腰 #肩こり #首こり #寝違え #熱田整体 #六番町整体 #不眠 #睡眠 #姿勢 #呼吸 #膝痛 #股関節痛 

関連記事

  1. スポンサー様ご紹介

  2. 【開院から約5ヶ月!】

  3. ハロウィン企画

  4. 【「痛み」は体を守るためにある?】

  5. ●出張整体【常滑編】

  6. 【続・睡眠、足りていますか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。