【日光は浴びていますか?】

【日光は浴びていますか?】

今日も睡眠シリーズです(^^)

睡眠シリーズ多いなと思うかもしれませんが、
睡眠が良くなるだけで腰痛、肩こりや
体の様々な不調が良くなることは多いので、
やはり大事ですね〜。

そんなわけで今日は大切な日光のお話です。

皆さんは、1日にどのくらい日光を
浴びていますか?

5分?30分?
直射日光はほとんど浴びないという方も
いるかもしれません。

日光を浴びるということは、
実は睡眠にも深く関わります。

睡眠の質を上げるには、睡眠ホルモンである
「メラトニン」の分泌を上げることが
必要です。

その「メラトニン」ができる過程において、
「日光」が必要なんですね。

メラトニンの生成過程としては、
トリプトファンというアミノ酸を材料にし
セロトニンとなり、それが日光を浴びてから14〜16時間後にメラトニンになります。

そのため、仮に24時に寝るとすれば、
朝8時くらいに朝ごはんを食べた後、
日光を浴びる(最低5分くらい)と、
寝る時間にメラトニンがしっかり作られて
いる状態になりやすいです。

日中は可能であれば60分くらいは日光を
浴びるのが理想とは言われますが、
なかなか屋内の仕事だと難しいですよね。

少しでもいいので昼休みに外に出るとか、
なるべく日差しが入るような窓際で過ごすなど
の工夫をするといいですね(^^)

日光は睡眠に影響するのはもちろん、
うつなどの症状にも影響したり、
免疫機能にも関わるので、積極的に
浴びるようにしたいです。

ちなみに、トリプトファンは大豆などの
植物性たんぱく質に多く含まれているため、
朝ごはんには味噌汁や納豆などを食べるのは
非常におすすめです。

トリプトファンがセロトニンになるためには、
ビタミンやミネラルも必要となるので、
ビタミンが豊富な鮭やさんまなどの魚類、
ミネラルが豊富なワカメやあおさなどの海藻類も
一緒に摂るのが理想です。

・ごはん、味噌汁、魚、納豆、卵焼き
といった伝統的な和食はそういう意味でも
とても優秀ですね(^^)

パン派なら、
・野菜サラダ、ツナサンド、スムージーなど
ですね(^^)

長くなりしたが、まとめると、

①朝食で栄養摂取
②日光を浴びる
③メラトニンを作る

なかなか朝は時間がなくてそんなに
食べられないとか、そもそも朝ごはんを
食べない人もいるかと思います(^^)

そんな方でもまずは日光を浴びましょう。
体内時計のリセットや、交感神経の
スイッチが入り日中の活動性が上がります。

その結果、日中の充実感が夜に安心感に
変わり、睡眠の質が良くなるといったことも
ありますので(^^)

それでは今日はこの辺で。
また次回をお楽しみに(^^)

名古屋市熱田区六番町
まちの整体院ラプレ 浅井達哉

#腰痛 #ぎっくり腰 #肩こり #首こり #寝違え #熱田整体 #六番町整体 #不眠 #睡眠 #姿勢 #呼吸 #膝痛 #股関節痛 

関連記事

  1. 謹んで新春のお慶びを申し上げます

  2. ご紹介割引のお知らせ

  3. ハロウィン企画

  4. 【12/18(日)古民家マルシェに出店します】

  5. バレンタイン企画やります

  6. 【料金引き下げとオンライン予約システム導入】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。