【「痛み」は体を守るためにある?】

いつも記事が長くなりがちなので、

今回は短くシンプルにまとめたいと

思います!(なるべく!)

結論から言うと、

「痛みは体にとってなくてはならないもの」。

だからなるべくポジティブに捉えよう!

と、いうことです^o^

(いきなりは難しいかもしれませんが^^;)

痛みは存在しない方がいいですか?

と聞かれたら、みなさんは

どう答えるでしょうか?

例えば、家の中を歩いていて

足の裏に画鋲が刺さりそうに

なっているとします。

痛みを感じなければ

そのままブスっと突き刺さって

しまいますが(想像すると怖い笑)、

痛みを感じればちゃんと突き刺さる前に

回避することができます。

それでも痛みはない方がいいかと

聞かれればどうでしょうか?

ほとんどの方は、「あったほうがいい」と

答えるかと思います(^^)

先天性無痛無汗症という病気があります。

文字通り、生まれつき痛みを

感じなかったりする症状です。

その方たちの寿命は平均よりも

短いと言われていて、

亡くなる原因の多くは

体の損傷に起因する感染症です。

痛みを感じないので体が傷ついている

ことに気づかず、適切なタイミングで

治療ができなかったりするためです。

このように、「痛み」は体を

守るための「防衛反応」であって

なくては困るものなんですね。

腰痛ひとつとっても、

「いつ痛いのか」

「どうすると痛いのか」

「どうすると痛くないのか」

これらの情報は体を改善させるために、

とても大事なことを教えてくれます!

痛みは、体の損傷よりもだいぶ前に

やってきてくれます。

大事な体からのサイン。

「ここ頑張りすぎだよ」と(^^)

そんなわけでやっぱりやや長めに

なってきたのでそろそろ終わりに(笑)

でも本当に、

「痛み」に対しての心の持ちようによって

「痛み」が和らぐこともあるんですよ(^^)

それでは今日はこの辺で。

良い一日をお過ごしくださいね。

名古屋市熱田区六番町

まちの整体院ラプレ 浅井達哉

#腰痛 #ぎっくり腰 #肩こり #首こり #寝違え #熱田整体 #六番町整体 #不眠 #睡眠 #姿勢 #呼吸 #膝痛 #股関節痛 

関連記事

  1. 疲れ目に!20-20-20ルールとは?

  2. 【開院から約5ヶ月!】

  3. 【脚がよくつるんですがどうすればいいですか?】

  4. スポンサー様ご紹介

  5. 【睡眠が悪い人は太りやすい】

  6. 【あご、上がってませんか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。