【肩こりの天敵、ストレートネックにかかる負荷量とは】

前回の記事がワンちゃんを

マッサージするというあまりにも

ユルい記事だったので、

今回はは真面目に(?)書きます!(笑)

今回は肩こりや首こりに関わる

ネタです。

ストレートネックはいまや

人口の8割くらいがそうですよー

という記事を以前に書きました。

とあるネットリサーチでは、

男女問わず約6割以上が肩こりを抱えていて、

30〜50代の女性に限れば約8割が肩こり

を抱えているとのデータがあります。

もはや国民病ともいえる肩こり。。

スマホの見過ぎなどで引き起こされる

ストレートネックは、肩こりの天敵で

なるべく早いうちから改善・予防を

した方が有利です!

理由は、

【首の傾き角度による負荷の増大】

が挙げられます。

首が前へ傾く角度が多ければ多いほど、

物理的に首や肩への負荷が増えてしまい、

ひどければ、

「年間で286時間分、子どもを首に乗せている」

のと同じ状態になってしまいます・・・

これはどういうことかというと、

まず、成人の頭の重さは約4〜6kgです。

これが、首が前へ傾く角度により増える

負荷は以下の通りです。

15°→12kg

30°→18kg

45°→22kg

60°→27kg

60°で27kg、普段の頭の重さの約5倍です。

この重さはだいたい8歳くらいの

子どもの平均体重。

1日にスマホを触る平均時間が約47分

(人によってはもっとですよね^^;)で、

年間にすると約286時間分にもなるという

計算です。

毎日子どもを47分もの間、首に乗せていると

考えるとなかなかにハードですよね^^;

60°傾いている人はさすがに稀ですが

(最近、街中で50°くらいの人は見ましたが^^;)、

15°くらいだと割と多いです。

それでも、首には常に12kgの負荷が

かかり続けることになってしまいます。

これが長年続いてしまうと、

頸椎の変形や、頸椎椎間板ヘルニアなどの

リスクが上がり、手がしびれたり、

力が入らなくなったり、最悪の場合は手術、

という可能性もあるので要注意です!

そのため、スマホやパソコンなどを使う際は

なるべく目線の高さにするということは、

今からできるとても大事な対策になります。

また、いつもアゴが上がっていないかに

注意をし、アゴを引いて後頭部の付け根の

筋肉が固まらないようにすることも大事です。

あとは枕が高すぎるなど、

合っていない場合も要注意ですね!

はい、そんなわけで今回は

いわゆるストレートネック(スマホ首)が

首に与える悪影響について書きました。

真面目に書いたのはいいものの、

書いていて自分でも恐くなりましたね^^;(笑)

ワンちゃんのマッサージ記事みたいな

ゆるいのがいい、そう思ったアサイでした(笑)

それでは今回はこの辺で。

良い一日をお過ごしくださいね。

名古屋市熱田区六番町

まちの整体院ラプレ 浅井達哉

#腰痛 #ぎっくり腰 #肩こり #首こり #寝違え #熱田整体 #六番町整体 #不眠 #睡眠 #姿勢 #呼吸 #膝痛 #股関節痛 

関連記事

  1. 【夏場編 寝るのに良い室温・湿度は?】

  2. 【脚がよくつるんですがどうすればいいですか?】

  3. 【睡眠のゴールデンタイムは22〜2時?】

  4. 【4/20(木)ケアヨガinラプレがスタートします】

  5. 開業2周年となりました

  6. 【睡眠が悪い人は太りやすい】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。