【眠れない夜は、布団に居続けてはいけない】

寝たいのに、なかなか寝付けない・・・

そんな夜もありますよね。

寝る前に考え事をしすぎたり

TVやスマホを見過ぎたり

そもそも体内時計がズレていたり

自律神経が乱れていたり、などなど。

理由は様々あると思いますが、

布団に入ってから”30分”経っても

寝れない時は、一度布団から

出てしまいましょう。

「え?そんなことしたら余計に目が

覚めてしまうんでは・・・」

そう思う方も多いかと思います。

ではなぜ、寝れない時に一度布団から

出た方がいいかと言うと、

『布団の中=寝れない場所』

と、脳に認識をさせないためです。

「眠る」ということは、

頑張って眠れるものでもなく、

むしろ、寝よう寝ようと考えれば考えるほど、

脳が覚醒してしまいます。

そのため、

「あー、これはなかなか寝れないな」

と思ったら、潔く布団から出てしまいましょう(^^)

『布団=寝る』

それ以外の場所であっては

いけないんです(^^)

もちろん、布団から出てから

さらに覚醒するような筋トレや

動画・音楽鑑賞などはダメですよ!(笑)

光も薄暗い状態にしておきましょう。

そこで、退屈な本を読んだりするのは

おすすめです(^^)

もしくは、頭を使わずに簡単にできる

片付けとか、単純作業をするのも

時間を有効に使えるかもしれませんね。

それと、音楽をもし聴く際は

ゆったりとした、歌詞のないものを。

歌詞があることで「意味のある言葉」が

脳への刺激となり、覚醒させてしまうからです。

と、いうわけで

脳に『布団=眠れない場所』

と、認識させないように注意しましょう(^^)

逆に、「この行動をすると寝れるんだー」

というような、寝る前のルーティンワークを

作ってしまえば、より眠りにつきやすくなります。

例えば、

寝る前にストレッチをする、とか

寝る前に深呼吸をする、とか。

そうすることで、

『この行動をしたら寝なくちゃ!』

と、脳が認識すればしめたものです(^^)

脳の機能を上手いこと利用していきましょう。

では今日はこの辺で。

良い一日をお過ごしくださいね。

名古屋市熱田区六番町

まちよ整体院ラプレ 浅井達哉

#腰痛 #ぎっくり腰 #肩こり #首こり #寝違え #熱田整体 #六番町整体 #不眠 #睡眠 #姿勢 #呼吸 #膝痛 #股関節痛 

関連記事

  1. 【肩こりの人は”無意識”に体に力が入…

  2. 【体に必要な3つの感情システム】

  3. 空ルート施術前後にて

  4. 【接骨院と整体院の違いって?】

  5. 【自然とのふれ合いは体を回復させる】

  6. マスク着用率が減ってきました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。