【水はどれくらい飲めばいいの?】

【水はどれくらい飲めばいいの?】

人間の体は、成人で約6割が水分です。

それだけに、水は人が生きる上でとても重要な

働きをします。

腰痛、肩こり症状や、原因不明の両手の

しびれがあった人が、水をしっかり飲むように

なってから消えた、という人もいるほどです!

そんな超大事な水ですが、

今回は、水は1日にどのくらい飲めば

いいのかを簡単にまとめようと思います(^^)

結論から言うと(前回言いましたが)、

「1.5〜2.0L」を目安に飲むように

するといいと言われます。

もう一つ、1日に必要な水分摂取”量”ですが

ざっくりとした計算式があって、

「体重(kg)×※30〜40ml=必要水分摂取量」

※30ml:56歳以上

 35ml:30〜55歳

 40ml:29歳以下

という感じです。

例)

①体重50kg、40歳→50(kg)×35ml=1,750ml

②体重70kg、25歳→70(kg)×40ml=2,800ml

ここから、食事や体の代謝で得られる水分量を

引き、水を”飲む”ことが求められるのが

ざっくり1.5〜2.0Lと言われているわけですね。

当然、体重によってはもっと少なくて済む人も

いれば、もっと必要な人もいます。

またその人の活動量や食生活、汗をかきやすい

体質か、などの条件でも変わってくるため、

一概には言えないわけですね。

「じゃあ、自分は水分が足りているのか

不足しているのか、どうなんだろう?」

と、思いますよね。

尿の色を見て判断ができます。

・透明に近い:足りている

・黄色が強い:不足している

といった具合です。

ちなみにですが、僕も意識して水分をとる

ようにしてからは、昔はひどかった肌荒れや口内炎ができなくなり、風邪もほぼひかなくなりました。

冒頭でお話しした患者さんだけでなく、

僕も実体験として体に良い変化が起きています。

水を飲むことで、老廃物が排出しやすくなるので、

症状も改善しやすくなったり、病気予防にもなります。

代謝も上がるため、太りにくく痩せやすい体質に

なります。

ついでにお肌も潤いが(^^)笑

基本良いことしかないので、絶対に

水はちゃんと飲んだほうが得します(^^)

ただし、腎臓や心臓が良くない方、高血圧の方は

注意が必要ですので、水分摂取の制限がないか

など、かかりつけのお医者さんに確認は

しておきましょう。

あと飲むときのポイントは、コップ1杯の水を

「こまめ」に。

ガブガブ一気に飲んでも吸収されずに出て

しまうばかりか、胃酸が薄まり消化、吸収機能が

低下する可能性もあるからです。

あ、アルコールやカフェインなどの利尿作用が

あるものは余計に水分が出ていってしまうので、

そのあたりを飲んだ後はさらに「水」を

飲んで補充する意識を忘れずに(^^)

1.5〜2.0Lを飲むにも、いきなり一気に

増やそうとはせず、

「1ヶ月でコップ一杯分増やす」

というような意識で大丈夫です!

それだけでも、半年後には1Lくらい飲む量が

増えている計算になりますから(^^)

それでは今日はこの辺で。

良い1日をお過ごしくださいね。

名古屋市熱田区六番町

まちの整体院ラプレ 浅井達哉

#腰痛 #ぎっくり腰 #肩こり #首こり #寝違え #熱田整体 #六番町整体 #不眠 #睡眠 #姿勢 #呼吸 #膝痛 #股関節痛 

関連記事

  1. 【友達のワンちゃんマッサージしてみた】

  2. 【眠れない夜は、布団に居続けてはいけない】

  3. ●出張整体【常滑編】

  4. プライマリケア学会に参加してきました

  5. 【夏場編 寝るのに良い室温・湿度は?】

  6. 【料金引き下げとオンライン予約システム導入】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。