【『寝る前にホットミルク』よく寝れるって本当?】

『寝る前にホットミルクを飲むとよく眠れる』

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

実際に試したことがある方も多いかも

しれませんね(^^)

しかし、これは本当なのでしょうか・・・

結論からいえば、間違いになります^^;

ホットミルクが睡眠の質を上げるという

元の理論になったのは、

①ミルクに含まれるトリプトファンが

睡眠ホルモンであるメラトニンの材料に

なるということ。

②温かい飲みもので体温を上げ、体温が

下がり始めたタイミングで眠気を誘発できる、

ということ。

まず①についてです。

以前の僕の記事を読んでくださった方は

もうお気づきの方もいるかもしれませんが、

そもそもトリプトファンがメラトニンに

なるには、14〜16時間程度かかります。

なので、寝る直前に飲んでも大きな効果は

得られません^^;

また、一説によれば日本人に牛乳は合わない、

とも言われています。

「乳糖不耐症」といい、牛乳を分解する

酵素が少なかったり、働かなかったりすることで、

消化不良で下痢になってしまいます。

胃腸に負担がかかることで、結果、

睡眠の質を下げることに繋がります。。

一説では、この「乳糖不耐症」に

日本人の80%は該当すると言われていたり、

一説では、そんなに多くない、とも

言われたりしていますが・・・

育った環境や地域によっても牛乳との

相性は違ってくると思いますが、実際の割合は

よくわかりませんね^^;

ちなみに牛乳は僕の体にはダメでした^^;

中学生のころ、給食で牛乳を飲むと

ほぼほぼお腹を壊してしまって、

ほとんど飲んだ記憶がありません。。

牛乳が合う人で好きな人は寝る前に飲んでも

悪影響は少ないですが、睡眠に良い影響も

あまりないよー、ということですね!

次に、②についてです。

体温を上げることが目的であれば、

牛乳じゃなくて白湯でも何でもいいです。

問題は飲む時間で、これも寝る直前では

遅いです。

むしろ寝る直前では睡眠の質を下げる

ことにも繋がりかねません。

深部体温は、一度上がって、その上がった分が

下がるタイミングで眠気が訪れ、

深い眠りに入れます。

そのため、飲むものにもよりますが、

だいたい「寝る30〜60分くらい前」に

飲むことが目安となります。

ただ、前回の記事で書いたお風呂による

深部体温の上昇にはやはり叶わず、

睡眠の質を上げるためには、

「寝る前のホットドリンク」よりも

「寝る(90分前に済ませる)入浴」。

これがおすすめになりますね(^^)

では今日はこの辺で。

良い一日をお過ごしくださいね。

名古屋市熱田区六番町

まちの整体院ラプレ 浅井達哉

#腰痛 #ぎっくり腰 #肩こり #首こり #寝違え #熱田整体 #六番町整体 #不眠 #睡眠 #姿勢 #呼吸 #膝痛 #股関節痛 

関連記事

  1. 整体のギフト

  2. 【睡眠が短い人は〇〇倍カゼをひきやすい!?】

  3. 【料金引き下げとオンライン予約システム導入】

  4. 疲れ目に!20-20-20ルールとは?

  5. 【睡眠が悪い人は太りやすい】

  6. ハロウィン企画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。