【自然とのふれ合いは体を回復させる】

タイトルの通りなんですが

今回は、自然は体に良いよーという話を(^^)

自然がなんとなく体にいいことは感じていても、

「じゃあ具体的にどのくらい体にいいんだー?」

って思いますよね。

2016年、ダービー大学による研究では、

『自然とのふれ合いにより、確実に人体の

副交感神経は活性化する』という結果が

出されました。

その効果量はかなりのものと言われていて、

副交感神経の活性レベルは一般的な

リラクゼーションのそれを上回るとも。

・・・当院はリラクゼーション店では

ありませんが、癒し効果は自然よりも

上回っているハズ!

だと思いたい>_<(笑)

それはさておき。

副交感神経は、自律神経のうちの気持ちが

穏やかな時(リラックスモード)に働く神経です。

緊張やストレスで働く交感神経とは反対に、

体の疲れやダメージを回復させる働きを

持っています。

そのため、

『自然とのふれ合い=体の回復』

となるわけですね。

ではなぜ、自然がここまでの効果を持つのか?

それは人間の「感情システム」に影響を

与えるからだと言われています。

ここは書き出すとやや長くなりそうなので

今回は割愛しますが、次回の記事で

書こうかと思います!

自然が体に良いのは間違いないところですが、

なかなか意識しないと自然とふれ合う

時間なんてとれないですよね。

公園などに行ければとても良いのですが、

梅雨時の今だと自然とのふれ合いは

どうしても減りがちです。

そんな時は、以下を行うだけでも効果が

あると言われていますので、おすすめです(^^)

・PCやスマホの壁紙を自然の画像にする

・1日に1回はYouTubeなどで大自然の動画を観る

・観葉植物を職場のデスクや自宅のリビングなど、

つねに目に入る場所に置く

ちなみに僕の今のスマホの壁紙は

「ナイアガラの滝」にしています(笑)

いつか絶対に行ってみたい場所の1つです(^^)

観葉植物を近くに置いて働いた

オフィスワーカーは、

肌荒れが減ったり、

幸福感が47%も上がったり、

作業効率が38%も上がった、

との報告もあります。

良いことづくめですね(^^)

肌荒れが減るというのは体内の炎症が

治まったという見方ができるので、

慢性的な肩こりや腰痛、不眠といった

症状にももちろん効果が期待できるわけです。

本当に自然は偉大ですね!

慢性的な症状の改善には、体への負担となる

「過剰なモノ(不良姿勢とかストレスとか)」を

減らし、

「不足しているモノ(睡眠とか自然とのふれ合いとか」を増やす。

これがとても大切になってきます。

それでは今回はこの辺で。

良い一日をお過ごしくださいね。

名古屋市熱田区六番町

まちの整体院ラプレ 浅井達哉

関連記事

  1. 【脚がよくつるんですがどうすればいいですか?】

  2. 謹んで新春のお慶びを申し上げます

  3. 【人との交流は体を回復させる】

  4. 【料金引き下げとオンライン予約システム導入】

  5. 【水はどれくらい飲めばいいの?】

  6. 【ショートスリーパーは目指してはいけない】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。