【脚がよくつるんですがどうすればいいですか?】

タイトルのような質問をよく患者さんから

お受けしますので、今日はそれについて

お答えします(^^)

この「脚がつる」、いわゆる「こむら返り」、

ほとんどの方が経験したことがあるのでは

ないでしょうか。

スポーツ中や、寝ている時に襲ってくる

こむら返り、なかなか厄介ですよね^^;

ちなみにこむら返りは医学用語では

有痛性筋痙攣(ゆうつうせいきんけいれん)と

言います。覚えなくていいです(笑)

結論からいうと、たいていの場合は

【水分とミネラル摂取】で改善します。

そもそも、こむら返りの原因としては、

・神経の異常興奮

・脱水

・ミネラル不足

・薬剤の副作用

などが言われています。

他にも糖尿病、肝硬変などの代謝性疾患や、

血管炎、下肢静脈瘤などの血管病変、

脳梗塞、脊柱管狭窄症などの神経筋疾患など

に罹患していると起こりやすいとされています。

上記のような疾患ではない場合、

たいていの人が水分とミネラル不足から

なっており、摂取を進めてもらうと

比較的短期間で改善することが多いです。

水は一般的に1.5〜2.0Lを飲むことが

推奨されます。

(この量は体重や季節、生活様式によっても

変わりますが。)

実際、そこまで飲めている方は

かなり少ないなあ、と感じています^^;

水を多く飲むのが仕事で難しかったり、

苦手という方は、

・起床時のコップ1杯

・入浴後のコップ1杯

これだけでも、頑張って飲んでみてください!

コップ1杯で約200mlなので、これだけでも

400ml稼げます(^^)

それもどうしても難しいという方は、

食事の際に水分が多く含まれる野菜や果物、豆腐

などを多めに摂取するのをおすすめします(^^)

きゅうりやレタスは約95%が水分、スイカは

約89%、バナナは約75%、絹ごし豆腐なんかも

約89%が水分みたいですよ!

ミネラルに関しては、特にマグネシウムが大切で

筋肉を”緩ませる”役割があります。

反対にカルシウムは筋肉を”収縮させる”役割が

あるのですが、このときにマグネシウムが

不足していると、筋肉の”収縮”が制御できず、

こむら返りのような持続的な筋痙攣が

起きやすくなってしまうわけですね。

と、いうことは、肩こりや腰痛においても、

筋肉を緩ませてくれるマグネシウムは大切で、

それを筋肉まで運ぶためにも血流を良くする

水分摂取が大切です。

ちなみに、マグネシウムは他にも、

血管を拡げ血圧を下げたり、

血栓ができにくくする作用もあるので、

脳や心臓などの血管系のトラブル予防のためにも

意識して摂りたい栄養素ですね(^^)

・・・なんか今回の記事は漢字が多くて

読みにくくてすみません^^;

一言でまとめます。

脚がつるときの予防対策としては、

「水飲んでミネラル(特にマグネシウム)

摂っとけばOK」

です(笑)

ちなみにマグネシウムは海藻類や豆類などに多く含まれています。

納豆や味噌汁、ひじきなどなど、和食が

やはり効率よく摂取できるのでおすすめです(^^)

長くなりましたが、今回はこの辺で。

今回は少し水分の話もしましたが、これは

めちゃくちゃ大事なのでまた次回に深堀り

してお話します!

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいね。

名古屋市熱田区六番町

まちの整体院ラプレ 浅井達哉

#腰痛 #ぎっくり腰 #肩こり #首こり #寝違え #熱田整体 #六番町整体 #不眠 #睡眠 #姿勢 #呼吸 #膝痛 #股関節痛 

関連記事

  1. 【あご、上がってませんか?】

  2. 【自然とのふれ合いは体を回復させる】

  3. 開業2周年となりました

  4. 【夏でもお風呂に浸かる方がいい3つの理由】

  5. 【接骨院と整体院の違いって?】

  6. 【「痛み」は体を守るためにある?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。